アコムの審査は甘いのか、厳しいのか

アコム

初めてカードローンから借入をする場合は、無事に審査を通過するかどうかが気になります。結論からいうとアコムの審査は他の消費者金融に比べて審査の基準が甘いです。しかし、アコムは返済能力のない人に融資を行うような、甘い審査基準ではありません。今回の記事では・アコムの審査が甘いと言われる理由・アコムの審査に通りやすい人の特徴と、その理由・アコムの審査に落ちる人の特徴と、その理由・アコムの審査に通りやすくなる方法・アコムの審査に通過しても少額融資になってしまうケースを順番に紹介していきます。

  • 結論から言うとアコムの審査は甘くはない
  • アコムの審査は事前の準備が大事
  • 金利も計画的に借入することができれば返済可能
  • まずは3秒診断で借入かどうか判断してみよう

アコムの審査が甘いと言われる理由

大手消費者金融のアコムではキャッシング・カードローンを利用できます。また利用顧客数も業界でもトップレベルで多く、信頼も厚い会社です。アコムの信頼度は手厚いカスタマーサポートから来てると言っても過言ではないです。「アコムの審査は甘い」「初めて借りる人に優しい」「初めてお金を借りるならアコムだ」という噂を聞いたことはありませんか?確かにアコムは、他の大手消費者金融と比較すると高い成約率を誇ります。しかし、実際にアコムの契約条件には「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」と記載があります。安定した収入は「毎月数万程度のお金が安定して入ってくること」を指します。つまり、アコムは無職や金融事故を起こした方には絶対に融資を行わないです。アコムから融資を受けるには、20歳以上のアルバイトやパート、派遣社員、自営業、個人事業主でも毎月一定の給与を得ており、月々のアコムの利用請求額を支払えるだけの返済能力を持っている必要があります。

借入可能か不安なら3秒診断を試してみる

初めてアコムの審査を申し込む方は、キャッシングやカードローンを借りる人が初めてだと思います。審査に落ちてしまうと、信用情報を管理する「信用情報機関」に内容が登録されます。アコムはWeb上で3秒判断ができます。年齢、年収、他社借入額の3項目で借入可能か簡易診断できるので、年収や他社の残高が原因で審査が不安な方は3秒診断がおすすめです。

アコムの審査に通りやすい人の特徴と、その理由

この記事を読んでいる人の中に「カードローンから初めて借入するけど大丈夫かな?」「自分でもアコムの審査には通るのだろうか?」と気になる人は多いと思います。特に「安定した職業に付いてない方や」「雇用形態が不安定」という人はアコムの審査に通るのか不安だと思います。そこでアコムの審査に通りやすい職業を表をまとめました。

申し込み時に記入した情報に間違いがないか

アコムに申し込む際には、年収や勤務先、雇用形態といった個人情報の申告と個人情報の確認を行う書類の提出を行います。申告内容に虚偽や記入ミスがあった場合は審査時間が長くなる原因となりますので申告時の情報に間違いかないかもう一度確認しましょう。また利用限度額が50万円以上の場合は収入証明書類が必要なのでこちらも下記のリストにまとめました。また詳しく知りたい方はリンク先のページをご覧ください。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証 + 住所が確認できる書類
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 収支内訳書
  • 所得証明書 ( 最新年度のもの )
  • 青色申告決済書
  • 年金証書、年金通知書
  • 源泉徴収票 ( 最新年度分 )
  • 給与明細書 ( 直近1ヶ月分 )
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)

過去の返済履歴など、信用情報に傷がない

他社からカードローンのキャッシングを行い、指定された返済日から2~3ヶ月入金されなかった場合に返済遅延として信用情報に記録が残り金融トラブル(金融事故)として傷がついてしまいます。アコムの審査は返済履歴などの信用情報に傷がついていると審査が通りにくいです。信用情報には傷が付かないように、返済には目処を立てて定期的に行いましょう。

他社からの借り入れ金額が年収の3分の1以下

他社借入件数が1社と少なくても、他社借入残高が多いとアコムの審査に落ちる可能性が高いです。アコムは消費者金融会社なので、総量規制で定められている個人の年収の3分の1を超える融資は行えないです。例えば、年収300万円の人が他社から80万円借入している場合、アコムで20万円以上(もしくはそれに近い金額)の借入を希望すると審査落ちの可能性が高いです。

  • 審査がスピーディ
  • 他社から借り入れしていても通った

アコムの審査についての口コミは上記のようなどの口コミがありました。アコムは他社に比べて審査の評判がよく、アコムの審査が甘いと言われる理由の1つの通過率が50%近くあるなど、消費者金融の中でもかなり審査の評価が高いです。アコムの審査の体験談の記事を載せて置くので参考にしてみてください。

アコムの審査に落ちる人の特徴と、その理由

今から審査を申し込もうとしている人の中には、実際に審査に落ちる人はどのような特徴があるのか気になってる方がいるかと思います。ここではアコムの審査に落ちる人の特徴とその理由について書いていきたいと思います。

無職・無収入である

「無職の人や無収入」だとアコムからお金を借りれないと言った噂を聞いたことがあると思います。無職の人であったり専業主婦であって安定した収入が借金をするときの大きな審査基準となります。この安定した収入と聞くと、ある程度の決まった金額がないといけないと思ってしまう人は多いです。しかし、安定した収入とは勤務の仕方や収入額だけで判断されません。アルバイトやパートであっても、毎月数万円程度の決まった金額の収入があればこれも安定した収入と認められます。

アコムから安定した収入として認められるのは、労働による収入がある場合のみです。労働による収入とは、下記のような収入が該当します。

  • 給与収入
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 株などの投資による収入
  • 親からの仕送り
  • 日本学生支援機構の奨学金
  • メルカリなどの不安定な売上金
  • 博打や競馬やギャンブルで得たお金

在籍確認が取れていない

在籍確認とは、申し込み時の勤務先情報に誤りがないかを確認するため、アコム担当者が申し込み者の勤務先を調査することです。在籍確認は原則勤務席への電話確認によって行われます。「勤務先で存在しない」「病気や事故で休職中などと」という問題が発覚した場合には、アコムの審査には落ちてしまいます。

  • 申し込む
  • 審査(審査の一環として在籍確認が行われる)
  • 契約の意思確認
  • 本人確認書類の提出
  • 契約
  • ローンカード発行
  • 借入

他社の借入件数が多い

アコムから借入をする方は初めての借入の方が多いと思いますが他社から借入がある場合だとアコムから借入できない場合があります。アコムの審査では、信用情報機関に照会して他社借入状況を確認することがあります。他社で借入をしている場合は、その情報が信用情報期間に登録されていますのですぐにわかります。具体的には他社からの借入が2社以上ある方は、アコムの審査に通過することはできないと考えたほうが良いです。他社での返済滞納や延滞の情報、総量規制の範囲内で収まっているかどうかなども信用情報機関で確認することができます。またこれらの記録が見つかれば、アコムの審査に落ちる可能性があります。他社からの借りているお金を返済して1社以下にしてから申し込みをした方が良いです。また下記の記事では、他社からの借入額がアコムの審査にどう影響するのかについて詳しく説明しています。現在すでに他社でカードローンを借入している場合、「今の自分がアコムで新規の借入ができる状態かどうか」をチェックしましょう。

虚偽申告や申し込み内容に記入ミスがある

アコムに申し込みする際には、年収や勤務先、雇用形態といった個人情報の申告と、個人情報の確認を行う書類の提出を行います。申告内容に虚偽や記入ミスがあった場合に審査時間が長くなる原因となります。なおアコムの審査に必要な本人確認書類については下記のリストにまとめました。また詳しく知りたい方はリンク先のページをご覧ください。

  • 各種健康保険証(併せて公共料金の領収書などが必要)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 運転免許証
  • パスポート

短期間で複数の金融機関に申し込んでいる

短時間で複数の金融期間に申し込むと「他社で融資を断られて複数の会社に申し込みしている」と判断され、「申し込みブラック」と呼ばれる状態に陥ります。一度申し込みブラックになると、なかなかアコムを含むカードローン審査に通りにくくなります。申し込みブラックとは、短時間に複数のカードローンに申し込む「多重申し込み」のことを言います。アコムに申し込みブラックと判断される目安は、「1ヶ月に4社~5社以上の申し込み」です。また短期の延滞や支払い遅れは事故情報として扱われないため、ブラックとは見なされないです。

過去にアコムでトラブルを起こしてないか

過去にアコムを利用したことがある人に気を付けてほしい部分ですが、前回利用時の利用記録が審査の判断に影響する場合があります。利用していた際に期日通り問題なく返済していればさほど問題ではありませんが、アコムで延滞・滞納をしてしまっていれば審査に落ちる可能性があります。

アコムの審査に通過しやすくなる方法

ここではアコムの審査に通過しやすくなる方法について書いていきます。

申し込みは1社にする

複数の消費者金融から借入を申し込んでる場合は、アコムの審査が落ちる場合があるので申し込みは1社にしましょう。

申し込み時の入力情報は正直に記載する

虚偽申告はアコムの審査に落ちる原因となるので、申告内容は正直に偽りなく正確に申告しましょう。アコムは大手金融会社で莫大な取引実績があるので、申し込み者の不審な点は見抜きます。審査に直接関係する重要な項目の、本人確認書類や収入証明書類の提出により、他社借入や年収についての嘘がすぐバレてしまうので絶対にやめましょう。また、「申告内容の入力ミス」「必要書類(本人確認書類・収入証明書類・契約書類)の不備」があれば、アコムの審査にマイナスの影響を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。

3ヶ月以上の安定収入を得る

アコムが認める「安定した収入」とは「定期的に入る収入」のことです。わかりやすく言えば給料です。給料は月に1回決まった日にほぼ決まった金額が入金されます。もし、これからアコムで借入を考えている方がアルバイトやパートで低収入だったとしても、いつから毎月に収入が安定するのかを考えて、安定した収入を得られることができればアコムの審査に通過しやすくなる確率が高くなります。

アコムの審査に通過しても少額融資になってしまうケース

アコムでは仮に審査に通過しても、借り入れ希望金額をそのまま借りられる訳ではないです。アコムの最低利用限度額は10万円になっており、「50万円を希望していたのにも関わらず、最低限度額が10万円になっている」となってしまったは困りますよね。以下からは希望した金額より利用限度額が低くなっている人の特徴を書いてます。

アコムは年収が低いと利用限度額が低くなる

アコムでは年収が極端に低い人は、最低利用限度額も低くなります。例えば、年収が100万円の人が50万円を借りるとすると、 総量規制が適用されるので月々2万円返したとしても3年以上の時間がかかってしまいます。支払いが延滞する可能性や逃げてしまうリスクを考えると50万円は貸せないことになります。このように、極端に年収が低い人は最低利用限度額に設定されます。なお、総量規制について詳しいことは以下の記事をご覧ください。

アコムは勤続年数が低いと利用限度額が低くなる

アコムでは正社員でもアルバイトやパートでも働き始めて1ヶ月も経っていない場合は、利用限度額が最低になってしまう場合があります。なぜかと言うと仕事を初めてすぐにやめてしまう人がいるためです。今すぐ必要でなければ3ヶ月働いてから申し込みをする方がアコムからの信頼度も下がらないので確実です。

70歳以上の高齢者

アコムでは20歳から69歳までが申し込みが可能です。しかし、65歳以上の高齢者になると収入が増えることが基本的にないため、利用限度額はかなり低く設定されてます。

まとめ

アコムの審査は準備をして審査に申し込めば甘いと言えるでしょう。この記事では、審査に落ちてしまう人の特徴もまとめましたので一度申し込む前に確認してみてください。またアコムは、インターネットでの24時間申し込みや、店頭や無人契約機や自動契約機で即日カード発行やホームページからの入金や返済の管理ができるなどのメリットがたくさんあります。

タイトルとURLをコピーしました