アコムの審査基準と審査の流れ

アコム

アコムのカードローン・キャッシングを利用するためにはWeb完結申し込み(インターネット申し込み)が魅力的です。なぜなら、最短即日融資で借りるための申請をいつでもできることや、郵便物なしの指定をできることが理由として挙げられます。また、今回の記事では、・アコムの審査の全体の流れ・アコムの申し込みの流れ・手順・アコムの仮審査の流れ・アコムの本審査の流れを順番に紹介していきます。

ざっくりと通過率高い人はこんな人
    • アコムの審査申し込みの最低条件は「20歳以上、69歳以下」で「安定した収入」がある人のこと
    • 安定した収入とは「毎月同水準の給料」のこと
    • 他に審査基準で最も重要なのは①「勤続年数」と②「信用情報」
    • ①勤続年数に関しては、「何年同じ会社に勤めているか?」ということ。半年以上勤めていれば給料が安定しているかがわかるので有利。
    • ②信用情報は過去に返済の滞納をしていたかどうか。特にクレジットカードの滞納は要注意。滞納してなければ問題ない。
    • 上記に書かれてあることに問題なければ審査通過が期待できる。

初めてアコムの利用を検討している方には下記の記事をおすすめしています。いつからアコムの利用ができるのか?アコムの審査基準は?増額する場合の審査は?など、初心者の方が疑問に思っている疑問点に答えた記事になっています。アコムに関して1記事で理解したいという方もこちらがおすすめです。

  1. アコムの審査の主な流れ
  2. アコムの審査申し込みの流れ
    1. アコムの審査に必要な個人情報
  3. アコムの申し込み方法別の流れ
    1. アコムにWEBで申し込む
    2. アコムに自動契約機で申し込む
    3. アコムに店頭窓口で申し込む
    4. アコムに電話で申し込む
    5. アコムに郵送で申し込む
  4. 周囲の人にバレたくない時
    1. バレない申し込み方法
    2. バレないために注意すべきこと
    3. アコムの審査にかかる時間
    4. アコムの審査前の3秒診断
    5. アコムの審査の対応時間
  5. 審査時間の比較
    1. アコムの審査の必要書類
  6. 確実にアコムの審査を通過するためのポイント
  7. アコムの仮審査の流れ
    1. 申告内容が正しいかを確認する
    2. 提出書類が正しいかを確認する
    3. 信用情報機関に信用情報の照会をする
    4. アコムの仮審査の注意点
  8. アコムの本審査の流れ
    1. 申込者の本人確認の連絡が来る
    2. 勤務先の在籍確認が行われる
    3. 利用限度額を決定する
    4. アコムの本審査の注意点
    5. アコムで早く確実にお金を借りるために
  9. アコムの審査結果の通知
  10. アコムとの契約が完了
  11. それでもアコムの審査に落ちた場合は?
  12. アコムの審査に落ちたら他の消費者金融にも落ちるのか
  13. アコムの借り入れ審査に落ちる理由6つ
    1. 理由①:申し込み内容に虚偽がある
    2. 理由②:収入が安定していない
    3. 理由③:希望限度額が高すぎる
    4. 理由④:他社からの借入が多い
    5. 理由⑤:短期間に複数社に申し込んだ
    6. 理由⑥:金融事故を起こしたことがある
    7. アコムの審査に落ちた時の対処法3つ
    8. 対処法①:2社目に申し込む
    9. 対処法②:クレジットカードのキャッシング枠で対応する
    10. 対処法③:ある程度の期間を空けてから再度申し込みをする
  14. アコムの審査に落ちたらプロミスに申し込もう

アコムの審査の主な流れ

まずはアコムの審査の、大まかな流れを把握していきましょう。

  • 申込み<10分>
  • 仮審査(一次審査)<15分>
  • 本審査(二次審査)<10分>
  • 審査結果の通知<30分>
  • 契約完了<10分>
  • 融資開始<10分>

アコムの審査はこのような流れになっています。では、このアコムの審査の流れを一つづつ見ていきましょう。

アコムの審査申し込みの流れ

アコムに申し込みをするには、・個人情報の提出・必要書類の提出これら2点の提出が必要になります。アコムには、WEB申し込み、電話申し込み、自動契約機、店頭窓口の4つの申し込み方法がありますが、すべてに共通してこれらの提出が必要になっています。

アコムの審査に必要な個人情報

アコムの審査に必要な個人情報は、以下のようになっています。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 勤務先情報
  • 年収
  • 他社借入の有無
  • 連絡先

これらの情報が、アコムの申し込みに必要な個人情報です。「アコムの審査に通るか不安だから」と言って、これらの情報を偽ってしまうとアコムの審査に落ちてしまいます。氏名のフリガナや住所が微妙にずれている程度のミスであれば、審査が遅れる程度で済みます。しかし、年収や他社借り入れの有無を偽るなどの悪質性の高い嘘であれば、詐欺罪として訴えられることもあるので、必ず真実を伝えましょう。

アコムの申し込み方法別の流れ

それではここからはアコムの申し込み方法の詳しい流れについて、申し込み方法別にみていきましょう。

アコムにWEBで申し込む

それでは、申し込み方法別のアコムの申し込みの流れを解説していきます。WEB申し込みはもっとも利用しやすい申し込み方法で、インターネット環境さえあれば自宅でも外出先でも、パソコンやスマートフォンなどで利用することができます。アコムにはWEB完結というサービスがあり、店舗や自動契約機に全く行くことなく、郵送物なしでお金を借りることが可能になっています。即日振込も可能なので、バレたくない、すぐにお金を借りたいという人にはおすすめの申し込み方法です。

アコムに自動契約機で申し込む

アコムでは、自動契約機(自動契約機)で申し込みをすることが可能です。自動契約機の一番のメリットは、申しこんだその場でローンカード発行までの手続きを行うことができるということです。営業時間は9:00~22:00までと他の消費者金融よりも少し長いですが、先述したように審査自体に30分はかかってしまうので、即日融資を受けたいという人は少なくとも21時までに行かないと難しいでしょう。自動契約機は平日だけでなく、土日祝日も稼働しているので、平日は仕事で忙しいという方も審査を受けることが可能です。ただし、土日であっても在籍確認は必要になります。収入証明書に会社名などが記載されている場合は、在籍確認を収入証明書で代えてくれる場合がありますが、必ずではありません。そのため、土日祝日では即日融資を受けたい場合は、必ず収入証明書も併せて提出するようにしましょう

アコムに店頭窓口で申し込む

アコムでは、実際の店舗に行ってカードローンの契約をすることも可能です。アコムの担当者と直接話しながら契約がすすむので、流れがよく分からなくて不安という人や、難しいことが分からないという人にはおすすめですね。自動契約機と同じように、その場でローンカード発行まで可能な店頭窓口契約ですが、営業時間が少し短く、平日9:30~18:00となっています。(店舗によって異なる場合があります。)さらに、土日祝日は営業していないことも注意しておきましょう。

アコムに電話で申し込む

アコムでは、電話でも申し込みをすることが可能になっています。アコムのオペレーターと直接電話で話しながら、審査の申し込みが可能になっています。担当者の人と直接話せるので、借入や返済に対する不安や疑問点などをスムーズに解消することができます。このように便利な電話(0120-07-1000)での申込みですが、電話のやりとりだけで契約を終えることは不可能です。本人確認書類や収入証明書などの書類の提出が必要になるからです。基本的には、アコムの店舗または郵送で必要書類や契約書類の提出が必要なので、実際に借り入れをするまでは長く時間がかかってしまうことが多いです。

アコムに郵送で申し込む

アコムの申込書を入手する必要がありますが、アコムでは郵送で申し込みをすることが可能になっています。もちろん郵送なので、即日融資は不可能で一週間から二週間かかってしまうことを想定しておきましょう。ローンカードや契約書類なども自宅に郵送で届くので、一人暮らしまたは家族や親にバレても問題ないという人だけ利用するようにしましょう。アコムの申込書の入手方法についてまとめました。

  • アコムの自動契約機で受け取る
  • アコム専用のATMで受け取る
  • アコムの店頭窓口で受け取る
  • アコムに電話をかけて請求する
  • 公式サイトからダウンロドして印刷

これらの方法はありますが、基本的には申し込み書を入手している暇があったら、Web完結申し込みの方が圧倒的に早いので、あまり使うことはありません。

周囲の人にバレたくない時

これまで5つの申し込み方法を紹介しましたが、もしお金を借りていることを周囲の人にバレたくないのであれば、Web完結での申し込みを検討しましょう。Web完結での申し込みであれば、アイフルのスマホアプリを活用することにより、郵送物なし・カードレスで取引が可能です。しかし、ここに落とし穴があるので注意が必要です。Web申し込みの場合、借入資金が口座振込となるのでこの時に口座を管理している家族にバレる可能性があります。特に、専業主婦や学生で自分の口座を持っていない人は、旦那や親の口座にお金が振り込まれてバレてしまうこともあります。また、銀行は土日祝日は休みなので、もちろん振込対応はしてくれません。その場合振込は翌営業日となるので、注意しましょう。

バレない申し込み方法

周囲の人にバレにくい申し込み方法と、バレないためのポイントをまとめました。

バレないために注意すべきこと

絶対に周囲の人にバレたくない!という人は、確実に返済に遅れないようにしてください。その理由は下記の二点です。①返済が遅れると電話で問い合わせが来るから。②返済が遅れると催促状が来るから。申し込み時に郵送の設定をせず全ての物を店頭受け取りにしたり、Web完結で借入をしたのに返済が遅れ、催促状が来て家族にバレてしまった。消費者金融からの留守電でバレてしまった。そこまで準備したのに、結局バレてしまうなんてことになりたくないですよね。借入金額は現実的な額に設定し、総返済予定額をきちんと把握して返済は計画的に、遅れないようにしましょう。

アコムの審査にかかる時間

アコムの審査を終えるまでにかかる時間をチェックしておきましょう。アコムでは、審査は最短30分で終わりますが、本人の信用情報に問題があったり、年収などの収入情報に誤りがある場合などは、それ以上の時間がかかってしまう場合があります。アコムの審査が終わるまでには30分~2時間程度を想定しておくと良いでしょう。ただし、アコムには審査対応時間というものがあります。この時間外ではアコムは審査を行っていませんので、以下の項の審査の対応時間を必ずチェックしておきましょう。

アコムの審査前の3秒診断

アコムで借入をするためには審査が必要です。いきなり審査に入るのは抵抗がある、という人のためにぜひご紹介したいアコム公式無料サービスがあります。アコムの公式サイトで無料で簡単に、自分の借入可能性を診断することができます。アコムの3秒診断では、「年齢」、「年収」、「カードローン他社お借入状況」の3項目を入力するだけで、借入可能かをすぐに知ることができます。この診断結果次第で、実際に審査にかかる時間を測ることも可能です。アコムの3秒診断で「借入可能と思われます。」と表示された場合は、実際の審査でも借入ができる可能性が高く、審査結果がわかるのも早い場合が多いです。一方で、「お客様のご入力情報では、お借入の判断ができませんでした。」と表示された場合は、実際の審査でも時間がかかる可能性が高いことを想定しておきましょう。もし、審査について分からないことや、条件などがある場合はコールセンターに直接電話して相談してみることをおすすめします。3秒診断

アコムの審査の対応時間

アコムの審査受付時間と審査回答時間、また営業日を下記にまとめました。

※自動契約機(自動契約機)に関しては地域によって営業時間が変わる場合があります。

審査時間の比較

大手消費者金融6社の審査時間を比べてみました。審査に時間を割きたくない人は下記の表を参考にしてみてください。

アコムの審査の必要書類

アコムの審査の申し込み時に提出を求められる必要書類は以下の2つです。・本人確認書類(顔写真付き身分証明書)・収入証明書類(所得証明書)本人確認書類については必須となっているので、必ず準備しておきましょう。基本的に本人確認書類として認められるものは以下の4つになっています。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

本人確認書類を提出するにあたり、「本人確認書類の住所が現住所と違う場合」や「本人確認書類に顔写真がない場合」があると思います。下記の記事では提出する本人確認書類に関して詳しく記載しましたので確認してみてください。

収入証明書に関しては、以下の場合に必要になります。・利用限度額が50万円以上になるとき・希望の利用限度額と他社借入の合計が100万円以上になるときこれらのケースに該当する場合は、収入証明書類の提出が必要になります。この条件に該当していない場合でも、金融事故や延滞などを起こしてしまった場合や、勤続年数が短い場合などに提出を求められる場合がありますので、事前に準備はしっかりしておきましょう。収入証明書に関する詳しい条件や有効な証明書類に関しては、以下の記事で解説しています。

確実にアコムの審査を通過するためのポイント

なるべく早く審査を通過して、お金を借りたい。そういった人のために、ここからは確実にアコムの審査を通過して、融資を受けるために仮審査と本審査の流れをお伝えします。審査全体の流れを把握して、審査通過のポイントを掴んでいきましょう。

アコムの仮審査の流れ

申し込みが終了すると、アコムでは仮審査というものが行われます。ここでは、アコムの仮審査の流れについて確認していきます。アコムの仮審査は一次審査とも呼ばれ、具体的に以下の項目の確認が行われます。

  • 申告内容が正しいかを確認する
  • 提出書類が正しいかを確認する
  • 信用情報機関に信用情報の照会をする

アコムの仮審査はスコアリングシステムによって行われます。入力された個人情報を点数化し、基準以上のスコアであれば仮審査を通過、それ以下であれば審査落ちと、機械的に判定していきます。

申告内容が正しいかを確認する

申込時に申告した個人情報が「本当に当人のものなのか」「間違いはないのか」ということを確認していきます。アコムの申し込み条件である・年齢が20歳以上70歳未満である・安定した収入があることを満たしていない人については、この段階で審査に落とされてしまいます。

提出書類が正しいかを確認する

先述したように、アコムの審査には必要書類が存在します。この必要書類のデータと申込内容にズレや誤りがないかどうかを確認します。年収などの必要な情報がうまく読み取れないように印刷していたり、不鮮明であったりする場合は、再提出もしくは審査に落ちてしまいます。

信用情報機関に信用情報の照会をする

申込内容や提出書類に問題がなければ、信用情報機関に信用情報の照会をします。信用情報とは、「その人のお金に関する情報」のことで、例えば・カードローンを延滞していないか・クレジットカードを長期間延滞していないか・債務整理や任意整理をしていないかという情報を、信用情報機関という機関にアコムが照会をします。ちなみに、アコムが加盟している信用情報機関はCIC(株式会社シー・アイ・シー)JICC(株式会社日本信用情報機構)です。ここで、金融事故とよばれるこれらの延滞や遅延を起こしている場合はアコムの審査に落ちる、仮に即座に落ちなくても、審査を通過することが非常に厳しくなってしまいます。信用情報や延滞について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

アコムの仮審査の注意点

アコムの仮審査の注意点についてまとめておきましょう。先述したように仮審査ではスコアリングシステムによる機械的な判断が行われています。そのため、どのような事情があろうが、信用情報に傷があったり、年収や借金に問題がある場合は自動的に審査に落ちてしまう場合があります。逆に、仮審査に通過したとしても人の手によって行われる本審査で「この人は何か信頼できないところがあるから貸さないほうが良いだろう」と判断されてしまうと、本審査で審査に落ちてしまいます。あくまで、「仮」審査であることを把握しておきましょう。

アコムの本審査の流れ

アコムの仮審査を通過すると受けられるのが本審査(二次審査)になります。ここでは、アコムの本審査の流れを解説していきます。本審査では、具体的に以下の項目の確認が行われます。

  • 申込者の本人確認をする連絡(電話)がくる
  • 勤務先の在籍確認が行われる
  • 利用限度額を決定する

それぞれの項目についての流れを解説していきます。

申込者の本人確認の連絡が来る

本審査ではまず、アコム側から「申し込みをした人が本当に本人かどうか」を確認する連絡をします。基本的には電話で連絡が来ますが、メールで連絡が来ることもあります。電話での確認が良かったり、メールが良かったりする場合は、アコムに問い合わせてみましょう。ここでは、本人確認と合わせて申告した個人情報や提出書類などにミスや誤りがあった場合は電話で訂正してもらえる場合があります。

勤務先の在籍確認が行われる

在籍確認というのは、「その人が本当に勤務先、職場で働いているのか」をアコムが実際に職場に電話をかけて確認することをさします。在籍確認は、申しこんだ人が勤務先で電話に実際に出るか、もしくは取り次いだ人があなたが職場に実際にいることを証言すれば完了となります。

また、在籍確認はアコムの担当者が個人名にかけてくるため、絶対に同僚や上司にバレてしまうことはありません。「私○○と申しますが、△△様はいらっしゃいますでしょうか」と、担当者の個人名で電話をかけてきます。「要件を伺います」と伝えられた場合も、「ご本人様にお伝えしたいので」と伝えてくれるので、絶対にバレることはありません。

利用限度額を決定する

アコムの本審査で、本人確認の連絡と在籍確認を無事終了し、問題ないと判断されると利用限度額が決定されます。利用限度額は、総量規制という法律のもとで申し込み者の年収や他社借入金額を参照してきめられます。総量規制とは、消費者金融などの金融機関では利用者の利用限度額が年収の1/3を超えてはならないという決まりです。年収が300万円の場合は、利用限度額は100万円になります。また、総量規制は他社からの借入の合計金額に対して適応されます。分かりやすくいうと、年収が300万円の人がアコムやアイフルから50万円をすでに借り入れをしている場合、アコムの限度額は最大でも50万円になります。

アコムの本審査の注意点

ここまでがアコムの本審査の流れになりますが、いくつか注意点をおさらいしておきましょう。まず、在籍確認はアコムの審査では必須となります。例え、土日で会社が休みであっても在籍確認が取れないと、アコムの本審査をパスすることはできません。「土日のうちにどうしても借り入れがしたい」という場合は、会社名が記載されている収入証明証などを提出することで在籍確認としてくれる場合があります。詳しくはアコムのお問い合わせフォームに問い合わせてみましょう。

アコムで早く確実にお金を借りるために

ここまでで審査の流れは掴めたでしょうか。審査の細かい項目を見てきましたが、重大なポイントは3つ。早くお金を借りたいなら、⒈ 正しい情報を提供する。⒉ 在籍確認をクリアする。⒊ 現実的な金額を設定する。これらをクリアして入れば、金融事故や滞納がない限り審査に落ちる可能性は低くなります。きっちりと流れに沿って、迅速に融資を受けましょう。

アコムの審査結果の通知

本審査が終了すると、アコムから審査結果の通知が来ます。これは審査の合否には関係せず、アコムから電話またはメールで連絡されます。ここまでの審査の流れにかかる時間は最短30分で、書類などに不備がなく規定の時間以内であれば、ほとんどの場合1~2時間程度で終わります。もし、何時間も経ってもアコムから審査の結果が通知されない場合はメールが迷惑メールに分類されているか、もしくは在籍確認などがうまく完了していない場合があります。アコムに問い合わせてみましょう。

アコムとの契約が完了

審査を通過すると、アコムと契約書を交わして契約が完了します。アコムには・WEB契約・来店契約・郵送契約の3点がありますが、基本的に申し込み方法と同じ方法となるので、アコムの指示に従えば基本的に問題ありません。郵送契約の場合だと、融資開始まで1週間ほどかかる場合があるので気をつけましょう。アコムの申し込みの流れの途中でキャンセルしたくなった場合は、下の記事で詳しく解説しているのでチェックしておきましょう。

それでもアコムの審査に落ちた場合は?

大手消費者金融のアコムの借り入れ条件は、「20歳以上である」ことと「安定した収入があり返済能力を有する人である」ということが貸付の絶対条件になります。しかし、「急にお金が必要になって、アコムに申し込んだけど審査に落ちてしまった。」こんな状況になってしまった場合、いったいどうすれば良いのでしょうか?この記事ではアコムの審査に落ちてしまった原因と、その対処法をまとめています。アコムに落ちてしまったら、プロミスを検討してみるのもおすすめです。

  • 口コミ・評判で人気!知名度も高いカードローン
  • 条件を満たせば最大30日間無利息で借りられる
  • 金利は4.5%~17.8%と利用しやすい金利
  • 審査は最短30分、申し込んだその日に借りられる即日融資も得意!
  • 郵送物なしで借りられるWEB完結が魅力的
  • WEBからだと24時間365日お申し込み可能!

アコムの審査に落ちたら他の消費者金融にも落ちるのか

消費者金融の大手として知名度の高いアコムは、無担保・保証人なしで安全・安心の借り入れができるとユーザーに人気です。アコムで借り入れを行うためには仮審査・本審査の両方に通過することが条件ですが、細かな審査基準までは一般的に公開されておらず、口コミや体験談などから推測する必要があります。アコムの審査基準や審査に必要なもの、審査の手順に関しては、詳しくまとめた記事がありますのでこちらをチェックしてみてください。

たとえアコムの審査に落ちたとしても、他の金融機関のカードローン審査にも落ちてしまうと言うわけではありません。カードローン各社はそれぞれが独自の審査基準をもっていますので、アコムで借入ができない場合でも、プロミスやアイフルにの審査には通過し借入が可能なケースがあります。プロミスであればアコム同様に最大30日間の無利息期間がついていたり、郵送なしで周囲にバレずに借り入れできるサービスが多くのユーザーに人気です。

アコムの借り入れ審査に落ちる理由6つ

アコムの審査に落ちたということは、何かしらの審査に落ちる理由があったということです。アコムの審査は比較的他の消費者金融より緩いと言われることもありますが、きちんと信用を得られなければ、審査を通過することはできません。この審査通過条件は他の消費者金融でも同様なもの設けているケースが多く、きちんと対策をとらねば他の消費者金融の審査通過も厳しくなる可能性が高くなります。ここでは、アコムの審査に落ちてしまった理由を6つに分けて解説します。

理由①:申し込み内容に虚偽がある

アコムの審査は利用希望者が提出した情報をもとに行われますが、ここで大きな誤りや虚偽の申告があると手続きに時間がかかってしまいます。ふりがなを間違う程度の軽いミスであれば、修正に時間がかかる程度で審査の結果への影響はあまりなさそうですが、故意に虚偽の申告をしたと認められる場合は審査に落ちてしまいます。また、虚偽の報告が「悪質である」と判断された場合、詐欺として警察沙汰になるこも十分考えられますので、嘘やミスのないように慎重に記入しましょう。

理由②:収入が安定していない

アコムの貸付条件には「安定した収入のある、返済能力を有した人」という条件があり、無職や定期的な収入のない人はアコムの審査に通過するのが非常に厳しいです。定期的な収入のない人というのは、作家やフリーランスなど出来高で報酬をもらう人のことで、たとえ年収が高くても数年続けて返済ができるかどうかは分からないので、審査の難易度も上がってしまいます。もしご自身の勤続年数に不安がある場合は、下の記事をチェックしてしっかり対策をしてから審査に臨みましょう。同様に、勤続年数が短すぎる場合でも、「またすぐに会社を辞めてしまうのではないか」というリスクや、収入が前後する可能性から「安定性に欠ける」と判断されて審査に落ちてしまう可能性があります。一般的には、勤続年数は半年程度あれば問題ないと言われていますので、転職直後の方は少し期間を空けてから申し込みましょう。

また、新卒や内定者であったとしてもアルバイトなどからの収入があれば審査に通ることは十分可能です。下の関連記事で注意すべき点や対策事項を確認しておきましょう。

理由③:希望限度額が高すぎる

基本的に借入の審査は、希望する額が大きくなればなるほど難しくなります。単純に貸す額が大きくなればなるほど、返済が難しくなる可能性が上がるので、審査に慎重になるためです。例えば、・1万円借りたい時・100万円借りたい時この2つのケースを考えた場合、後者の方が当然難しくなります。実際に必要なのが10万円であるのに、この先も必要になることを見越したりして100万円を申し込んでしまうと審査に落ちてしまいます。収入に見合った額を選択するのも、「現実的であること」「返済の意思があること」へのアピールになります。

理由④:他社からの借入が多い

アコムに申し込むと、その申し込んだ人の信用情報が照会されます。この信用情報には、「その人が他のカードローンなどで申し込んでいるかどうか」「クレジットカードなどを延滞していないか」などの情報が載っています。そのため、複数の会社で借入をしていたり、他社で多く借入をしている場合は審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。当たり前ですが、すでに他社で借入をしている人はアコムに対して誠実な返済をする信用は低く見られてしまうので、アコムも審査に慎重になってしまいます。すでに他社で借り入れをしていて心配な人は、他社の借り入れは何社までOKなのか、あらたにアコムから借り入れるにはどんな対策をする必要があるのか、下の記事で確認しておきましょう。

また、法律で定められている総量規制にも気をつけてください。年収の3分の1までの金額しか借入をすることはできません。総量規制について詳しく知りたい方は、金融庁のホームページを確認してみてください。

理由⑤:短期間に複数社に申し込んだ

他社からの借入がなくても、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなどに同時に申し込んでしまった場合、審査落ちになる可能性が非常に高くなります。同時に複数社に申し込むということは、もし借入ができた場合には多重債務者をつくってしまうことに繋がってしまうと判断されるからです。4社以上に同時に申し込んでしまった場合は、いわゆる申し込みブラック状態になってしまいます。これは申し込んだ金融機関の審査に落ちなかったとしても、申し込んだ時点でブラック状態になるので注意が必要です。この状態では、基本的にどの消費者金融に申し込んでも審査に落ちてしまいます。申し込みブラック状態が信用情報から削除されるには、約6ヶ月かかるため、それ以降に申し込むようにしましょう。

理由⑥:金融事故を起こしたことがある

金融事故を過去に起こしたことのある人は、審査を通過することが難しくなります。クレジットカードの3ヶ月以上の延滞などの比較的軽いものであれまだ審査に通過する見込みがなくなったわけではありません。しかし、債務整理自己破産などの重いものである場合、確実に審査には落ちてしまいます。具体的には、以下のようなものが金融事故にあたります。・他社のカードローンでの返済遅れ・クレジットカードやスマホの強制解約・賃貸の強制退去・自己破産これらの情報は、原因を解消してから少なくとも5年が経たないと信用情報から消えることはありません。特に、金融トラブルとして深刻にみられる自己破産後における借入はほぼ不可能だと考えた方が良いでしょう。この状態のままでは、カードローンのキャッシングはおろか、クレジットカードを作成することもできなくなるので注意しましょう。

一般的な金融事故の中には返済の延滞や滞納も含まれており、「金融事故なんて私には関係ない」と思っている方も注意が必要です。過去にクレジットカードやスマートフォンの端末代の返済を延滞したことに思い当たる節がある方は、下の記事から「返済や延滞がアコムの審査にどんな影響を与えるのか」「過去に返済・延滞経験のある人はアコムで借りれるのか」と言う点についてチェックしてみましょう。

アコムの審査に落ちた時の対処法3つ

以上がアコムの審査に落ちてしまった理由です。ブラック状態になっていた場合は、他の消費者金融に申し込んでも同じように落ちてしまうことになりますが、例えば複数社から借入をしている場合などは一本化することで、原因を解消できることもあります。

対処法①:2社目に申し込む

もし1社目に申し込んだ審査に落ちてしまった場合は、別の消費者金融に申し込むという方法がおすすめです。消費者金融はそれぞれ独自の審査基準をもって審査を行なっているため、アコムに落ちてしまったからといってプロミスやアイフルの審査に落ちてしまうとは限りません。もし2社目も落ちてしまうようであれば、他の選択肢をとるしかありませんが、その際には1、2社目の審査に落ちてしまった理由を一度考えてみましょう。他社に申し込む際におすすめなのはプロミスです。プロミスではアコム同様に30日間の無利息期間が付いてくる上、当日に借入できる即日融資も得意としています。

対処法②:クレジットカードのキャッシング枠で対応する

自身がご契約しているクレジットカードにキャッシング機能が付いている場合、そのキャシング枠を使ってその場をしのぐということがあります。ただし、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象になるので、すでに利用限度額に近い額になっている場合はキャッシングができないという場合も考えられます。

対処法③:ある程度の期間を空けてから再度申し込みをする

仮にどうしてもアコムで借入をしたいとお考えの方は、いつから再び申し込みができるようになるのでしょうか?一般的に、カードローンの審査は結果を受け取ってからある程度の期間を空けてから申し込みをするというのが良しとされます。短期間に連続して申し込みをすると、最悪の場合「申し込みブラック」として信用情報機関に記録されてしまう可能性があります。申し込みブラックになると、アコムだけでなく多くのカードローン審査に通るのも難しくなるので気をつけましょう。

アコムにもう一度申し込むことを検討している方は、アコムの審査やサービスに関する口コミ・評判をまとめた下の記事を一度読んでみることをおすすめします。アコムを利用するメリット・デメリットなど、カードローン選びに役立つ情報を得たい人は必読です。

アコムの審査に落ちたらプロミスに申し込もう

いかがでしたか?今回は、アコムの審査落ちてしまった理由とその対処法について解説してきました。まだ「これからアコムの審査に申し込む!」という人は、下の記事でアコムの審査に落ちる人の特徴や原因、審査の流れや必要書類などを事前に確認して完璧な対策をしておきましょう。

先ほどご説明した通り、アコムの審査に落ちてしまった場合は別のカードローンを申し込むことをおすすめいたします。他の消費者金融にしたからといって「審査が甘い」などということはありません。しかし、細かな審査基準はカードローン会社ごとに異なっているため、アコムの審査に落ちてしまった人でもプロミスの審査には通る可能性があります。プロミスであれば、30日間の無利息期間即日融資が対応可能な点など、初めてのカードローンであっても安心して利用できる点が多いと言えます。

タイトルとURLをコピーしました